Hit Enter to search or Esc key to close
レストランPork

ご当地グルメ5選 in バルセロナ

ご当地グルメ5選 in バルセロナ

レストランPork , ,

バルセロナで食べたい!ご当地グルメランキング

旅行の醍醐味といえばご当地グルメ。海外旅行をするときには特にエッフェル塔、コロッセオ、サグラダファミリアといった観光スポットを訪れるだけでなく、地元の名物料理にチャレンジしてみたいと思いませんか?その一方、地元の人がおすすめするグルメを楽しめる手頃な価格の良いレストランを見つけるのはなかなか大変…!しかもヨーロッパの大都市中心部には観光客向けのお店も数多くあり、ハズレを引く可能性もあります。その場合食べ物は本来のものとはほど遠く、地元の平均価格はと比較してみると高額。

今回はバルセロナを旅行した際に絶品料理をサービスしているお食事処をランキング形式でご紹介したいと思います。今回のブログではツアーリングパンダがスペイン第2の都市で人気のある5つのお店をピックアップいたしました。

さぁ、メモの準備はできていますか?

第5位 スペイン特産 ベルモットを飲んだことありますか?

スペイン人は食べるのが大好き。彼らの食習慣には独特な時間があり、朝食、昼食、おやつ(アフタヌーンティーに似ています)、ディナーの4つの食事をが基本。ただスペインの日の入りは遅く(午前7時から8時ごろ起きて、真夜中に就寝するのが一般的)、小腹が空くこともよくあります。

そんな時、パッと思いつくのはベルモットを一杯飲むこと。ベルモットはカタルーニャ州で、週末に非常に根強い伝統がある飲み物。一般的に昼食時間(午後2時から3時頃)まで行く前の正午頃に軽食としていただく地元のグルメです。

ベルモットは氷、オリーブ、スライスオレンジを添えた甘いワイン。そのレシピを裏切らないごとく、甘くてトロッとした味わいが急ピッチで幸せな気分にさせてくれます。おつまみはオリーブ、アーティチョーク、イワシ、さらにハモンなどの冷たい軽食と一緒に食べるのがおすすめですよ。

つまりこのブログで最高のお食事処をご紹介する際の最初のヒントは、ベルモットを見つけること。おすすめの場所は Vidrios y Cristales。このバルは長い伝統と内装にこだわりを持つ老舗。値段も手頃で数種類のタパスと併せて甘いベルモットを楽しむことができます。

スペインの特産品の伝統やその他の歴史を深く知りたい場合は、タパスツアーのご参加がおすすめ。地元の日本語ガイドが、市内やこの他のユニークなバーにご案内いたします!

ご当地グルメの代表の食前酒
雰囲気のあるバルでスペイン料理をいただこう!

第4位 タパスなしのベルモットはあり得ない!

すでにスペイン料理のタパスについて聞いたことがあると思いますが、正確には何でしょう?さらにベルモットとタパスの位置付けは?時間的な観点から見るとベルモットは通常正午にいただく食前酒ですが、タパスはいつでも大歓迎!実際食事が全てタパスで構成されていることもあるくらい。正午、昼食時、夕方…タパスを受け付けられないなんてスペインではあり得ない!

もちろんバルセロナにはスペインのほとんどの都市と同様、タパスを楽しめるバルやレストランがたくさんあります。ただし偽タパスにはご注意!小皿料理の全てがタパスであるとは限りません。特に著名な観光スポットのランブラス通りにある多くのタパスバーは、高額で粗悪な食べ物がサービスされることが多いので避けてください。手羽先のフライやフライドポテトは本物のタパスではありませんよ。

その代わりに、肉団子、パタタス・ブラバス、チピロネス(小イカを使った料理)、ポテトサラダ、スペイン風オムレツを探しましょう!実際のところタパスには無数のオプションがあるんです。タパスのおすすめはVinitus。リーズナブルな価格(1ドリンクとタパス数皿で)で食べられるグルメ!さらにはタパスからお食事を始めてもっと食べたいと思ったときには、毎日異なる素材を使った美味しいパエリアを注文することができます。この場所は必見! バルに座ってタパスを選び、冷たいビールで喉を潤しませんか?

best-restaurants-in-barcelona-vinitus
Vinitusのおいしいタパス(サーロインとシシトウ)

第3位 ガリシア州名物の絶品タコを食べてみよう

もしあなたがグルメ好きでしたら、スペインの美食が地域によって大きく異なることをご存知かもしれません。そうなると全て試してみたくなりますよね!ここでおすすめな地元グルメの1つは、プルポ・ア・ラ・ガジェガ(タコのガリシア風)です。ここガウディの街も港町で日本同様海産物が豊富ですが、コスパの良いタコ料理を食べるために適切な場所を見つけるのは至難の技。タコは安くないので、格安なお食事処に惹かれてしまうと、量は少ない上にコスパが良くありません。


おすすめはO Retorniño! このお店はガリシア州出身の家族経営する最高のグルメスポットの1つ。タコを調理する秘伝を熟知しています(メニューではPulpo con cachelosと呼ばれています)。 各料理の平均消費額は35€ですが、量は申し分ありません! そのため2人以上であれば、他に何も注文することなく満腹になるでしょう(もちろんワインやビールは別!)。 仮に一人旅である場合、ハーフサイズや四分の一のサービスもあるので、ご安心ください。

ここのタコは柔らかくおいしくて種類も豊富です。ぜひ絶品シーフードを召し上がってください。地元の人々に非常に人気の場所なので、事前予約がおすすめ。また評判が良くなったため、近くに新しいお店をオープンしています。そこも平均予算として一人約25€と計算するのが良いでしょう。

best-restaurants-in-barcelona-oretornino
O Retroniñoで食べるおいしいタコのガリシア風

第2位 気分は豚肉?地中海グルメを満喫

スペインでタコの人気が高いことはあまり知られていないですが、豚肉については小耳に挟んだことがあるでしょう。絶品の生ハムをランク付けするには豚の品種が細かく決められており、船に乗船する際やサッカー選手の遠征にも生ハムを切る専門家が同行するくらいの豚肉好きなスペイン人。その有名なハモンから耳、尾、足までスペインでは豚肉の全ての部分を無駄なく調理されています。

Pork … boig per tu(豚さん…あなたに夢中なの)では、スペイン国内で最も人気のある豚肉専門で店を構えるレストラン。このお店の料理は全て石窯オで調理され、平均調理時間3〜6時間。このレシピは驚くほど柔らかいリブ、ソーセージ、口に入れるととろけてしまうのではないかと思うほど柔らかい豚肉のカットをおいしくいただくために考案されたもの。もちろん、ベジタリアン向けのオプションや、厳選されたワインメニューもあり、食事の選択によってメニューを組み合わせることができます。

ポークでの1人あたりの平均価格は、飲み物とデザートを含むフルコースメニューで約30€。絶品ディナーと素晴らしい夜のナイトフォーくを組み合わせたい場合は、フラメンコショーとディナー付きのイブニングツアーをご覧ください。地元の日本語ガイドと共に、ゴシック地区を夜散策して街で最も古いフラメンコのタブラオでライブを鑑賞いたします。そして夜の完璧な締めくくりとして、事前に席を予約してあるポークで絶品料理をお楽しくください。

cold-meats-at-pork
Porkが厳選したソーセージの数々

第1位 忘れてはいけないパエリア!

もしやこのブログがパエリアのおすすめ無くしてランキングを終えると思っていましたか?パエリアはスペイン旅行を決めたら、絶対に食べておきたいスペイン料理。タパスと同様に、パエリアはスペイン料理の中でも非常に人気が高く、恐らく全てのお食事処がメニューに載せたいと思っているのではないでしょうか。

一方でパエリアは誤った場所で注文をすると、期待はずれのがっかりする料理になる可能性があるので要注意。旅行用ガイドブックに通常記載されているのはシーフードパエリア、パエリアの王道です。ですが実際は、元来のパエリアにはシーフードが含まれておらずウサギ肉を使用したものでした。

この料理は戦時中にバレンシアで生まれました。貧しい時代を生き延びた人々の知恵、持っているもので料理しなければならなかった一皿なのです。パエリアはお米、ウサギ肉、野菜、そしてエスカルゴで作られていたんですね。戦争が終わり安定したより良い時期がスペインに到来した際、人々は他の素材を使ってパエリアの味をよくする研究を始めました。そして今日多くの人が知るパエリアが誕生したんですね。

パエリアを食べるのに最高のお店の1つでおすすめの場所はArrosseria Xàtiva。メニューはスタンダードなものから大胆な組み合わせまで、パエリアだけでも20を超える豊富な種類を揃えています。バレンシア出身の家族が経営するここは、パエリアをサーブする際に伝統的な木のスプーンが添えられています。そのスプーンでパエリア鍋から直接食べることが王道。この方法でさらに美味しく味わえるでしょう!

前菜、パエリア、ワイン、デザートを含む1人あたりの平均価格は、約30〜35€。お店のビジネスが軌道に乗り市内にはいくつかの支店が出ているので、最も便利な場所を選択してください!

paella-at-arrosseria-xativa
Xàtivaで食べるイカ&鶏肉と野菜のパエリア

ガウディの街でいただく絶品グルメのレストランセレクションはいかがでしたか?いいメモは取れましたでしょうか? 唾を飲み込むのが大変だったかもしれません。さらなるヒントが必要な場合はぜひコメントを残すか、個別にメッセージをお送りください。

今回のブログ投稿はお気に召しましたでしょうか?ぜひご友人にもシェアし、パンダブログからより多くのヒントを学びましょう!地元の視点からマドリードとバルセロナの街中で楽しむヒントを発見するためにツアーにご参加いただくこともできます。
パンダクーポンで10%の割引をゲットしましょう!

クーポン: JAPAN10

Facebookをフォローして最新情報をゲットしよう!

バルセロナのツアー

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

We use cookies to give you the best online experience. By agreeing you accept the use of cookies in accordance with our cookie policy.

Privacy Settings saved!
Privacy Settings

When you visit any web site, it may store or retrieve information on your browser, mostly in the form of cookies. Control your personal Cookie Services here.


In order to use this website we use the following technically required cookies
  • wordpress_test_cookie
  • wordpress_logged_in_
  • wordpress_sec

We use WooCommerce as a shopping system. For cart and order processing 2 cookies will be stored. This cookies are strictly necessary and can not be turned off.
  • woocommerce_cart_hash
  • woocommerce_items_in_cart

Decline all Services
Accept all Services